プロフィール

Dr.石神

Author:Dr.石神

カットマンアイスマン   土下座ワイリー
ファミコンボンバーへようこそ。
最近、レトロゲームやっていますか?

日本ブログ村
日本ブログ村に
参加しているっす。 タイガー・オブ・イワテ にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗の文句は俺に言え!-北斗の拳(東映動画/1986)

今もなお輝き続けるジャンプ格闘漫画の金字塔北斗の拳-。
ファミコンは当時アニメを制作していた東映動画が出しました。

タイトル
↑カーソルの形は胸の傷?

これがまたなんとも残念な出来で、
当時CMでやっていたセガ・マークIIIのケンvsシンの北斗百裂拳
めっちゃカッコよくて、あこがれていたのを思い出します。

今夜はそんなファミコン版北斗の強敵(とも)との思い出話。

僕にはIくんというマンガ友達がいました。
彼は親父さんが職人か何かで彼の家には
いつもうず高く積まれた既刊号と最新のジャンプがあり、
他の友達からはジャンプ図書館と呼ばれていました。

しかし、ファミコンはかなり遅く買った方で
持っているソフトも四人打ち麻雀スーパーアラビアンだけ、
あとは全然買ってもらえないでいました。

そんなIくんがある朝、学校に登校してくるや否や、
息急き切って僕にこう言いました。

「ゲームを買いたいんだけど迷ってるんだ…」と。

彼は学校に内緒で親父の仕事場でバイトをし、
その金が半年かけてようやくソフト一本分になったというのです。
そして僕には迷っている1本はすぐに分かりました。
当時から大人気だったスーパーマリオです。

しかし、そんな彼の目を眩ませたのが、新作として
ジャンプでも大々的に取り上げられていた、あの北斗の拳だったのです。

アクションゲームが特に好きだったIくん…
北斗の拳のマンガも大好きで、僕とは話がよく合いました。
きっと他の友達に新作ソフトの北斗の拳を持っている!
という優越感にも浸りたかったのではないか、今となってはそうも思います。

そう、それが死兆星であるとも知らずに‥。

   *   *   *

そして、198X年ついにその時が来てしまいました。
服も脱がずにIくんとグリム(近所のおもちゃ屋)に直行し、
彼は北斗の拳を手に取ってしまったのです。
その後、僕の家で二人だけのお披露目会が行われました。

‥そこで、とうとう死兆星は彼の上に落ちました。


あべしべしべし!

容赦なく襲い掛かるモヒカンザコ…、
一方、北斗神拳伝承者ケンシロウはパワーアップしないと
ジャンプキックすら打てないのです。

ドイヒーな背景

このドイヒー過ぎる背景、バグ画面かっつーの!

しかも、このゲームは迷路になっており、
正しい道を進まないと無限ループにハマり込みます。
それだけでもイライラするというのにその怒りに油を注ぐのがこの二人…
バットバットリンリンです。

入れる場所でぱっと現れ、正しいルートを教えてくれるのかと思いきや、
★が7つ無いとウソを教えてくることがあり、
鵜呑みにしているとサザンクロスタウン無間地獄と化します。

そして、なんとかボスまでたどりついた僕らの前に
現れたのは南斗聖拳シンの配下、ハート様!!
それまでの絶望感が少し払拭され、モチベーションを立て直す僕たち…

しかし、そんな僕らを嘲笑うかのごとく、
ハート様の壮絶な突進攻撃は一瞬で半分ほどあったケンの体力を奪い
瞬殺……。 

痛ぇぇよぉぉおおお!!

死ぬと同時にどこかに飛んで行く北斗神拳伝承者ケンシロウ‥
そこにはもう、一子相伝の暗殺拳を継承した者の威厳など、
どこにも残っていませんでした。

しばらく、呆然とGAME ENDの文字を見つめていた僕たち。
我に返った僕がふとIくんを見ると、
画面を見つめる彼の目はを湛えていました。

今まで、頑張って働いてきたIくん…
ス-パーマリオにしておけば、
こんな屈辱を味わうこともなかったというのに…。

それほどまでにクソゲーという存在が
一人の少年の純真な心ズタズタに引き裂いたのです。

   *   *   *

そして、大分経った後、彼は「北斗の拳」が異常に上手くなり、
みんなから拳王というあだなを付けられる事になるのですが、
本当はそうでないことを僕だけが知っていました。

そう、彼は拳王ではなく、サウザーだったのですから。

聖帝十字陵
クソゲーゆえに人は苦しまねばならぬ!!
 クソゲーゆえに人は悲しまねばならぬ!!
                 -聖帝サウザー


                       

<BGM:TOUGH BOY>

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私達の頭上には基本、死兆星が光り輝くw

 アロハ~、ドクター!

今回の記事、かなり面白かったです♪ 私自身の体験と重なるトコロもあって(!w!)、Iさんの体験は他人事とは思えなくて、叫喚‥ぁ”変換ミスです‥共感しましたw

 当時のファミコンバブル期は、数多いラインナップの中には、名ばかりのアレなタイトルが地雷原の様に存在していました。 幸運にもIさんとドクターは、こっち側の世界の住人に成れたのだと思います。東映動画のケンシロウで!w 
 中身がアレなのでシリーズはろくに売れてないにも関わらず、恐ろしい事に第七弾まで続いちゃいましたw 3は何故かRPGで、殴られると顔が腫れるのが面白かったです。 

 拳王ですか! 私も経験ありますが(!)、誰も遊ばないゲームを上手くなるとゲームセンターではギャラリーが出来たり、友達同士の間では称号を得たりするのって、名作よりもアレなゲームの方が圧倒的に多い様な気がします‥w
 スーパーアラビアンは好きでした。 四人打ち麻雀と本作と合わせて、三大巨頭揃い踏みデスネ! 

 わ、私ですか‥? 死兆星ゲームですか? レリクス暗黒要塞、ディープブルー海底神話、タイムズオブロアー、死霊戦線‥全部吐き出すと朝までかかってしまうのデ!‥続きは、そのうち私のブログで特集したいと思います(!)

 長くなってスミマセン。^^; こういう話で盛り上がるのって、名作でも新作でもなくレトロでアレなゲームが一番ですからっ!w

 それでは~ (^^)/

修羅の門をくぐるものがまた一人…

ValValaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
‥そうですねぇ、当時は”キャラゲー=クソゲー”とか”難易度が高い=面白い”とか、いろいろアレな常識がまかり通っていましたから、東映の北斗は僕にとってある意味、修羅の門のようなものだったのかもしれまへん(笑)

しかし、ValValaさんの死兆星は凄いですねぇ‥
正直、僕はかろうじて死霊戦線が分かるぐらいでした(^-^;;
しかし、メーカー名で見てみるとボーステック、パックインビデオ、東宝、ビクター音産と赤シャチも真っ青な位、見事な修羅の国っぷり(笑)

今の時代欠けているのは”絆”ではなく、こういうタイトルなのかもしれませんねー(違

特集記事、ゼヒゼヒ楽しみにしています(^ー^

あべしを取ってパワーアップ!

先日クリアしました。
攻略サイトで道を知り、後はジャンプキックで雑魚を倒して進む(ジャンプキックだと雑魚は1発で倒せる)

「ケンシロウ」よりデカイ「ユリア」に笑ってしまいましたが。

しかし、「あべし」を取るとパワーアップって誰が言い出したんでしょうね?発想が斜め上過ぎて尊敬に値するレベルですがwww

あだもすて

アレをよくクリアできましたね~~!
最終面のスライディング雑魚部隊はもはや横殴りのゲリラ豪雨で八甲田山雪中行軍と見まごうばかりの世紀末っぷりでしたが、クリアできるとはもはや他のどのゲームも怖くありませんね。
本当に・・・お疲れ様でした(笑

ユリアのデカさは北斗だけに「そんなデカいユリアがいるか。
貴様、拳王の手下だな?」というリスペクトなのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。